日本文化大学の入試


大学に入る方法はいくつかあります。
普通は一般入試を利用して入学しますが、
他にも、推薦にて大学に入ることが出来ます。
この推薦にも様々な種類があり、AO入試や一般推薦入試、
自己推薦入試、指定校入試など、種類が非常に豊富です。

日本文化大学のAO入試は、
「警察官志望AO入試」と「公務員志望AO入試」に分かれています。
卒業後の職業で、警察官、または公務員を目指している人たちが、
これに出願できます。
これで入学した学生が必ずしも
その職業にしか就職活動することが出来ないという訳ではありませんが、
入学後の授業カリキュラムは
そうした職業に向けてのものになることは間違いありません。

日本文化大学の推薦入試は、書類選考と小論文、そして面接です。
これはどの大学も同じかもしれません。
体育系の大学でしたら、これに運動能力を見る審査も加わるかもしれませんね。
警察官の採用試験にも運動能力を見る試験がありますので、
警察官志望の方が日本文化大学に入学する場合は、
最低限の体力は必要とも言えそうです。
なお、一般推薦入試と自己推薦入試は、
英語・国語による簡単な口頭試験も行われます。

また、日本文化大学は普通の一般入試や
センター試験を利用する入試においても、面接を必ず行います。
これは日本の大学の中では珍しいのではないでしょうか。
健康で向学心が強く、それでいて、日本文化大学の精神を理解していないと、
入学は難しいかもしれませんね。
受験生の方は頑張ってください。